経費テスト

DataSnipperのInvoice Extraction機能とDocument Matching機能を使用して、経費テストを実施する方法を、サンプル資料を使いながらご紹介します。

ビデオチュートリアル

サンプル資料

ビデオ内で用いられたすべてのサンプルデータと資料を含むExcelワークブックを、以下からダウンロードできます。

Expense Testing - example

テンプレート

ビデオ内で用いられたExcelワークブックのテンプレート(サンプルデータなし)を以下からダウンロードし、お客さまそれぞれの手続き用に使用またはカスタマイズできます。

Expense Testing - template

必要なもの

  • DataSnipper バージョン6.0またはそれ以降
  • Advanced Extraction Suite(アドオンモジュール)
  • テストする総勘定元帳のサンプルに対応する、スキャンした請求書
  • 銀行取引明細書

手順

  1. 総勘定元帳のサンプルに対応する請求書と銀行明細書を入手し、DataSnipperにインポートします。

  2. Document Organizerを開き、請求書用と銀行取引明細書用のフォルダを作成します。これらのフォルダは、後ほどInvoice Extraction機能とDocument Matching機能を実行する際に使用します。

  3. DataSnipperリボン内のDocument Extractionのドロップダウンを開き、Invoice Extractionを選択します。画面右に出たウィンドウのSelect Invoiceセクションで抽出対象の請求書をチェックし、Select Fieldsセクションで抽出したい情報をチェックします。今回のケースでは、Invoice ID、Invoice Date、Invoice Total(請求書ID、請求書の日付、合計金額)をチェックし、「Extract」をクリックします。

  4. 抽出された情報をコピーし、テストを実施するワークシートに貼り付けます。

  5. 抽出した情報と銀行取引明細書の情報を突合するために、DataSnipperリボン内のDocument Matchingを開き、「Start new Document Matching」をクリックします。

  6. サンプルデータとして、Invoice number(Invoice ID)とAmount(Invoice Total)を選択し、Nextをクリックします。

  7. 「Use document folders」を選択し、突合したい情報として銀行取引明細書のフォルダを選択した後、Nextをクリックします。

  8. 情報を出力する列(Output Columns)をテストに応じて調整し、「Match all rows」をクリックします。

  9. 突合した情報をレビューし、どこが正確でどこにエラーがあるか確認しましょう。